【大手町】ジビエ肉と日本酒飲み比べプラン

ジビエ肉と日本酒ならルンゴ大手町店
こんにちは!ルンゴ大手町店のPR担当です。

蒸し暑い日が続いていますが、みなさまいかがお過ごしですか?毎日暑すぎて、夏バテになっていませんか?
そんなときは、美味しい日本酒とジビエ肉を食べて元気に過ごしましょう。

今回は、日本酒飲み比べプランをご紹介します。

 

季節の佐賀酒をジビエ料理と合わせてお楽しみください

【マリアージュコース】

この時期だけの特別な日本酒を3種類飲み比べできます。
日本酒はサガサケマンがお食事に合わせてお選びします。

HP限定で《+1種類 季節の日本酒(スパークリング含む) 》もしくは、
《ルンゴオリジナル「ぽんぽこらんどのベジシャリ・サワー」をサービス》で合わせて4種類飲み比べコースとなります。
詳しくは店舗までお問合せください!

………コース一例……………
*先附 豚バラオニオンスライスの冷しゃぶ仕立て
*前菜 いのししジャーキー添えのポテトサラダ ・ジビエ肉味噌ぱりぱりピーマン
*造里 ごまやず(ハマチのぶつ切りのゴマダレ和え)
*揚物 佐賀名物 魚ろっけ
*焼物 ジビエ2種炭火焼
*煮物 名物 嬉野豆富の肉とうふ
*止肴 うなぎの鉄板出汁オムレツ
*食事 日本一!有明海苔茶漬けと150年床のぬか漬け

飲み比べ佐賀酒 3種+サービス1種
お一人様 ¥4200

※お席は混みあった場合2時間制になります
※コース内容は仕入・時期により異なる場合がございます

 

佐賀酒とは

有明海に面した佐賀平野は、吉野ケ里遺跡に象徴されるように、古くから全国有数の米どころでした。
加えて北の脊振(せふり)山系、南の多良(たら)山系の良質な伏流水に恵まれているため、日本酒造りにはもってこいの環境です。
江戸時代には佐賀藩主の鍋島直正公が、農閑期に余った米を使った日本酒造りを奨励し、最盛時にはおよそ700もの酒蔵があったと記録に残っています。
こうした歴史的背景もあって、2012年には佐賀市が日本酒購入額で全国首位に輝くなど、一人あたりの日本酒消費量では九州随一となっています。
また県外への日本酒出荷量もこの10年近くで倍以上に拡大。
海外のコンペティションでも続々と賞を獲得するなど、佐賀の日本酒に対する評価はこの10年近くで大きく高まっています。

 

今回は、日本酒飲み比べプランをご紹介しました。
スタッフ一同、一期一会を大事にお客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

豊富なメニューはこちらで確認できます